Save the MALDIVEs Everyone!! Don't under the sea.


モルディブ スポンサーサイト-アンガガ旅行記

--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モルディブ 楽園でした-アンガガ旅行記

2007.01
ここでは、07年の1月上旬に行ったモルディブのアンガガの旅行記ですo(*^▽^*)o
この時のモルディブ・アンガガは季節柄かとても風が強くてドアを開けるときに気を使いました(^^;;

モルディブで泊まったのは水上コテージで、昼も夜もモルディブの波の音が心地よかったです。
モルディブで溺れかけたハプニングや食事などの記事もあるので参考にしてください。
モルディブはホントに楽園でした。

ちなみに今回お世話になった旅行会社はSTWです。
グルービーツアーなどと迷ったけど対応が良かったのでモルディブ旅行はSTWにしました。

このブログは新しい記事が下にくるようになってます。
左のカテゴリーから記事を選ぶと読みやすいかもo(*^▽^*)o
アンガガの水上コテージ

スポンサーサイト

モルディブ 電圧-アンガガ旅行記

2007.01
モルディブの電気は240Vなので日本の電化製品はそのまま使えません。(日本は100V)

基本的には上のとおりですが、大抵の電化製品(デジカメやビデオカメラ)のアダプタに変圧機能があるので大丈夫です。

確認してみましょうo(*^▽^*)o!!
アダプタに「AC 100V-240V」と書いてあれば大丈夫です、念のため取扱説明書には目を通してくださいね。

ヘアドライヤーなどは変圧アダプタがないのでそのまま使うと壊してしまいます、要注意( ̄‥ ̄)=3
私たちが泊まったモルディブ・アンガガの水上コテージのバスルームには(確か(; ̄ー ̄)...)240Vと110Vのコンセント差込口がありました。

モルディブ 電気コンセントプラグ-アンガガ旅行記

2007.01
モルディブのコンセントは日本と形状が違うのでそのまま使えません

私の泊まったモルディブ・アンガガの水上コテージにはマルチプラグが付いていたので、デジカメの充電器などはそのまま使えました、ビーチコテージは分かりません(o*。_。)o

マルチプラグとは、世界中の主なコンセントプラグがそのまま使えるいっぱい穴の開いた差込口です。
日本で買っていったプラグ変換機は不要でした(*ノ-;*)
とはいえ、海外旅行のことを考えるとあって損はないモンね。

注意
変圧器とコンセントプラグ変換アダプタは違います。

モルディブ モルディブの紫外線-アンガガ旅行記

2007.01
モルディブは赤道付近の国なので、紫外線の量は日本と比較にならないほど多いです。
簡単に言うと短時間ですぐに日焼けします(^^;;

小麦色に焼くんだぁ≧(´▽`)≦と言って何も塗らずに焼いていると大変なことになります。(日焼けで大火傷・・・以前ロタ島で経験あり)
日焼け止めをタップリ塗ってちょうど良く焼けるくらいなので、素肌で外出は厳禁です。

シュノーケリングをする人は「ヒザの裏や首、背中。それと耳」を重点的に塗ったほうがいいですよo(*^▽^*)o
私は日焼け対策に生地の薄いTシャツを着てシュノーケリングしてました(ユニクロのすぐ乾くやつ)。

0701080096.jpg

モルディブ モルディブでの服装-アンガガ旅行記

2007.01
モルディブはイスラム教なので女性は肌を出せませんが、リゾートではそんなことありません・・・当たり前ですね。

モルディブのリゾートによっては「ディナーは正装を」と言うところもあるみたいだけど
アンガガでは「それなりにカジュアル」な格好でOKなようでした。
服選びに極端に悩まなくても大丈夫ですo(*^▽^*)o
無論、食事の時に水着で食べると言うのはマナー違反

それなりにカジュアルとは、(ディナーのときに)男性なら襟付きのシャツを羽織る(半袖の方がグッド)
女性ならワンピース程度のものを着ていれば大丈夫。


日本で言うところの「ちょっとお洒落な雰囲気のレストラン」と思えばいいと思います。
とはいえ、半そで短パンと言う人も中にはいましたケド。

モルディブ アンガガの飲み水の値段-アンガガ旅行記

2007.01
すでに色々調べている方は知ってると思いますが
アンガガでの飲み水は「ミネラルウォーターのみ」。
水道水はやめた方がいいと思います、と言うのもたまに黄色い水が出るので・・・。

モルディブでは海水を真水に変えているようで、飲み水には向かないようですね。
お湯を沸かすときもミネラルウォーターを使ったほうがいいと思います。
水の値段は1.5リットルで3.5ドルでした。

私たちの場合、一日に2本ぐらい買ってました。
そのうち一本は食事時に飲んじゃいます、カレーがぁぁ!!

水はバーでも買えるみたいです。
0701090129.jpg

モルディブ モルディブは高い??-アンガガ旅行記

2007.01
モルディブは旅行金額だけ見ると高く感じますが、ほとんどのプランで全食事つき(要確認)なので
思ったより安く上がります。
ちなみに、島内での支払いは全てサインでOK(クレジットと言います、カードじゃないよ)最終日に清算。

モルディブみたいに全食事つきのリゾートって旅行コストの計算が楽なんで助かりますよね、資金の予定がとっても立てやすい。
こういうことが出来るのも一島一リゾートのモルディブのなせるワザだろうか。
他の国、やっぱりしたい食べ歩き・・・。

小さい島々が一つのリゾート、歩いて簡単に一周しちゃう島も多いです。
リゾート


かかる金といったらチップにお土産、と酒くらい。
お土産もある程度は日本でチョコレートの詰め合わせを通販しておけば良いわけですしo(*^▽^*)o荷物も減ってラクチンъ( ゜ー^)

私たちの場合、総額350ドルくらいでした。

モルディブ・アンガガでの内訳

エクスカーションなし(曜日の都合が合わなかったのでパス)
スパなし
お土産 紅茶10箱くらい(2.5ドル)
酒 たまに飲んだ(ワインやビール 3ドル程度)
水 一日2本くらい(3.5ドル)
記念のお土産 数点

いくつもの環礁(アトール)からできてるモルディブ。
アトール

モルディブ チップについて-アンガガ旅行記

2007.01
モルディブはチップが必要です、1ドル札は多めにあった方がいいです
1ドル札へは成田空港で為替両替するのがいいと思ったけど、一回1ドル札30枚までと言うのがちょっとネックかな…c(゜^ ゜ ;)
田舎の銀行じゃパックしかないんだよぉ(。>0<。)

渡すチップの事はガイドブックにもあるので大筋は分かると思います。

で、細かいところなんですが
私はツアー会社の旅程案内人にはチップは渡してません、みんなに渡してたらキリがないです。
マーレの観光ガイドさんには一人1ドルをあげました、喜んでくれてこっちもハッピー!!
アンガガのバーウエイターにも最終日、一日1ドルの計算で渡しました。

荷物のポーターやレストランのウェイター、ルームメイクはガイドブックのとおりです、ただし「気持ちの良いサービスを受けた」と感じたときはチップを増やしましたo(*^▽^*)o

「チップはアリガトウの気持ち」

モルディブ 首都マーレの様子-アンガガ旅行記

2007.01
モルディブの最終日、飛行機まで時間があったので軽くマーレ観光をしました。

マーレへはドーニと呼ばれる船に乗っていきます、船から見るマーレはまるで海に浮かんでいるようでした。

マーレはとても人が多くて活気があり、日本人大好きなところ。
町を歩くと「ニッポンジン、オイデオイデ」的なことを言われます、客引きですな(; ̄ー ̄川

ガイドは必須。

空から見たマーレ。
モルディブの首都、マーレ


モルディブはイスラム教なので金曜日と土曜日が休みなのだそうです。
私たちはちょうど金曜日だったので、お土産や以外はほとんどしまっていました。
ちなみに、休みの日は大きな公園で過ごすのが一般的みたい。いっぱい人がいました(;゜ロ゜)

ガイドさんが色々説明してくれます(英語)。

マーレでは港で釣りをしている人がたくさんいて、何を釣っているのかと聞くと小さいマグロ等を釣っていると言うこと。
マグロと言えば、市場でマグロを見ました。
私から見ると十分大きいですが、コレはまだ小さい物のようで
大きいものは日本などに輸出されていると言うこと。

0701120286.jpg



数年前のスマトラ沖地震でもマーレは被害がなかったようですね。

モルディブ 言葉は英語でOK-アンガガ旅行記

2007.01
モルディブの言語はディビィヒ語だけど、アンガガなどリゾートへの観光客が接するほとんどの人は英語が通じ、たまに日本語が通じる人もいます。

英語と聞くと「何も分からないよー」って言う人がいると思いますが
そんなに気にする必要はないですよ(*^0゜)v
なんとなく相手の言っていることは分かりますから
それに、日本語の中にもかなり英語って混じってますしね(^^;;

モルディブは本当にキレイなところなので、ぜひ体感して欲しいです。
| ホームへ | 次ページ
カテゴリー

キレイなアンガガ(Photo)

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。