FC2ブログ


Save the MALDIVEs Everyone!! Don't under the sea.


モルディブ アンガガの天気-アンガガ旅行記

2007.01
このときのアンガガはとても風が強くてドアを開けるときなどに気を使いました。
ビーチでは砂が舞い、海から見ると薄い砂の層が見えました(^^;;
この砂が肌に当たるとチクチクと痛いんですよ(゜ー゜;A

でも、風があるぶんすごしやすくジメジメした感じ全然なかったです。

天気も基本的にはよかったけど、最後のほうは雨がパラパラと小一時間降ったり、土砂降りのように一気に降ったり色々。

モルディブ 朝食、食事のこと-アンガガ旅行記

2007.01
モルディブ・アンガガの朝食はワッフルやパン、卵料理や果物にジュースなどで
卵(目玉焼きやスクランブルエッグ)やベーコンは目の前で焼いてくれるので暖か物が食べれます。

味も悪くなく、ベーコンが塩が効いてて美味かったなぁ。
ヨーグルトもあったけど、ちょっと酸っぱかった。

アンガガの食事は全てビュッフェなので、自分が食べたいものを好きなだけ皿に盛って来ることが出来ます。
コーヒーや紅茶もちゃんといれてくれますよ(〃^∇^)c凹
アンガガの食事

モルディブ ランチ、食事のこと-アンガガ旅行記

2007.01
モルディブ・アンガガのランチの時間は12時半から
昼間からビールなんか飲んだりして(y^^y)
ランチもビュッフェスタイルです。

アンガガのランチメニューは・・・いっぱいあります
ビーフやチキンからサイドディッシュとかご飯とか
もちろん、カレーも(*^0゜)v
どちらかと言うとディナーの残りをランチに作り変えてる感じなのかな??

フィッシュカレーも美味かったです、辛いけど。
アンガガは、どれもこれも美味しいものばかりで食べ物に困ったことは一度もなかったです

味付けは基本的にクセがないのでどれでも誰でも食べれるので
日本人にも安心できる味ですね。
そして最後にデザートで〆

モルディブ 変わったゲスト-アンガガ旅行記

2007.01
よくランチに鳥が来てました。
ウエイターから魚の切り身をもらったりして可愛らしい。

モルディブ・アンガガ

モルディブ・アンガガ


猫と鳥が仲良く?食事中。
モルディブ・アンガガ

モルディブ ディナー、食事のこと-アンガガ旅行記

2007.01
モルディブ・アンガガのディナーは何となくお洒落な感じがする時間。
おなかいっぱい食事して、後はゆっくり寝るだけです。

ディナーのメニューも沢山あり、毎日少しづつメニューが変わります。
私が好きだったのはアルミホイルに包まれたイモと、ハニー何とかチキンと言うものです。
あとはビーフ!!目の前で焼いた出来立てをいただきます

ご飯が進むんですよo(*^▽^*)o
ご飯と言えば、モルディブ・アンガガのご飯はタイ米みたいな感じ
少し芯がありました。

食後には必ずデザートを持ってきてました。
アイスクリームもあったけど、早く取りに行かないと溶けちゃってます

ハネムーナーには最終日にカクテルのサービスもъ( ゜ー^)
モルディブ・アンガガ


気がつけばいつも大盛り、皿の中身は人ぞれぞれです。
IMG_0138.jpg

モルディブ 週に一度のカレーの日-アンガガ旅行記

2007.01
(たぶん)週に一度カレーの日があり、いつもはフィッシュカレーなのにチキンカレーやベジタブルカレー等数種類のカレーが並びます。

どのカレーも美味しいです。
でも辛い!!

それなのに食べれちゃうからフシギ。

モルディブ 小腹がすいたら-アンガガ旅行記

2007.01
レストランでの食事は決められた時間内でしか食べることが出来ません。
それ以外の時間で小腹がすいたらコーヒーショップへ行きましょう!!
飲み物はもちろんサンドイッチなどの軽食もありますよo(*^▽^*)o
ディナーの後、コーヒーショップで休む人も多くいました。

これはチキンサンドとバナナジュース、どっちも美味しいのであっという間に食べてしまいましたo(*^▽^*)o
モルディブ・アンガガ.jpg


色々なドリンクがあります。
モルディブ・アンガガ

モルディブ 酒を飲みたくなったら-アンガガ旅行記

2007.01
モルディブ・アンガガでは酒類の持ち込みは出来ません。
そこで、お酒が飲みたくなったらどうするか??

食事中であればレストランでワインやビールを飲むことが出来るけど
それ以外のときはバーに行っちゃいましょう!!

残念ながら写真を撮ってないですがq(T▽Tq)(pT▽T)p
きれいな色のカクテルがいっぱいありますo(*^▽^*)o
私が飲んだので一番美味しかったのは「フレッシュアンガガシーズン」と言うオリジナルカクテル。

美味しかったんだぁ、コレが。
そのほかにも色々飲んだけど、名前忘れちゃいました(゜ー゜;A

スタンダードなカクテルもいっぱいありましたよ
あと、ソフトドリンクもあるので、お酒が飲めない人も安心ですъ( ゜ー^)

モルディブ サンダウンバー-アンガガ旅行記

2007.01
アンガガのサンダウンバーから見える景色はナカナカですよ。
サンダウンバーは水上コテージの一番先にあり、ちょうど夕日が沈む方向に大きく開いているので
夕方は多くのヨーロピアンが夕食前のひと時を楽しんでいます。

バー自体は細長くオープンエアな作りで、屋内とオープンテラスになってます。
たしか、18時から19時までの間はサービスタイムでシャンパンとワイン以外は20%引きにo(*^▽^*)o

酔っ払って誰かが壊したのか・・・?
IMG_0323.jpg

モルディブ エクスカーション-アンガガ旅行記

2007.01
アンガガ・エクスカーション

アンガガ・エクスカーション

エクスカーションの申し込みは、この申込用紙でします。
フロントの斜め左あたり、建物の角にありますよo(*^▽^*)o

モルディブ エクスカーションのスケジュール-アンガガ旅行記

2007.01
アンガガでのエクスカーションはしませんでしたq(T▽Tq)(pT▽T)p

と言うのも、やりたいアンガガのエクスカーションが曜日の都合で出来なかったんです。
前の記事の写真が見づらいので改めて書きますね。

イブニングフィッシング(これしたかったなぁ(。>0<。)
土曜日 最低人数8人 12ドル+10%

ヒルトン&ミリヒツアー
水曜日 最低人数10人 35ドル+10%

フルデイ・アイランドホッピング
木曜日 最低人数8人 33ドル+10%

サンセット・フォトセーリング
金曜日 最低人数10人 カクテル買うこと

スノーケリングトリップ
火曜日 最低人数8人 10ドル+10%


こんな感じです。

モルディブ 水上コテージ近辺のスノーケリング-アンガガ旅行記

2007.01
モルディブ・アンガガではどこでも気楽にスノーケリングが出来るので飽きることがないですo(*^▽^*)o

水上コテージに泊まっているゲストなら、目の前の海が一番近くて楽かも・・・。
水上コテージ近辺は上から見ると海底が真っ白なので砂かと思ったら白化したサンゴだったです。
裸足だと痛いq(T▽Tq)(pT▽T)p

お魚さんですがこの辺にはあまりいっぱいいなかったです。
たまに子供のサメとか子供のマンタ(のようなもの)が泳いでました。

水上コテージの橋の下とかはそれなりに魚がいましたよ

モルディブ 水上コテージ近辺のスノーケリング2-アンガガ旅行記

2007.01
水上コテージ近辺でスノーケリングをして魚を見るなら
ちょっと泳いで北側のリーフエッジまで行くと面白いです。
この辺だとカラフルな魚やサンゴも増えてきます。

ただ水深が浅いのでお腹とかを怪我しないように気をつけないといけないです。
私は、ここのリーフエッジと水上コテージの中間くらいの場所で海ガメを見ました。

モルディブ 桟橋付近のスノーケリング-アンガガ旅行記

2007.01
水上コテージの真裏あたり、コーヒーショップのほぼ向かいに桟橋があるんですがここが最高!!
この辺は波が高いので結構大変だけど、その分キレイな景色を見ることが出来ます。
ちなみにココは波の低い午前中がねらい目、日によっては海中で砂が舞って透明度が低くなってるようでした。

見える世界は沢山のサンゴや熱帯魚、そしてサメ!!

海に入って波にのりながら泳いでリーフエッジまで行って
ドロップオフを見たとき、また過呼吸になってしまいました。

だって怖いんだもん・・・高いし、海の闇が・・・。

それにも慣れた頃、桟橋の右側からリーフエッジに沿って外洋に出て(危険)魚やサンゴを左に右に眺めてました。

キレイだなぁ~

そんな時ふと目に映った影。
とてもシャープで他の魚とは明らかに違う雰囲気・・

「えっ?」と思ってよく見てみると少し深くて遠いところにサメが泳いでいるじゃないですか!!
サメいるかもなーなんてのん気な考えと、実際に出くわすのとは感覚がまったく違い
一番最初に思ったのが「殺られる!!」でした。

そっから先は早く陸に上がることだけを考えて泳ぎ
頭をよぎるのは南アフリカのシール島のサメを撮った水中映像
つまり、何もない海底からいきなり獲物めがけて急浮上するサメです。

海中はある一定のところから急に視界が悪くなってて
あの海の闇からいきなり出てきたら終わりだな」って言う気持ちで心臓は爆発寸前
たまに後ろを振り返りながら必死で泳ぎ無事陸にたどり着きました。

でもココはホントにキレイでした、あぁ本でこう言うの見るなぁって感じで。

IMG_0205.jpg

モルディブ 水上飛行機離陸地点-アンガガ旅行記

2007.01
水上飛行機が離陸するあたりに、黄色のブイのようなものが2つ浮いているんですが
その辺もナカナカいいです、私の中ではナンバー2のスノーケリングポイント。

この辺は水深が深く泳ぎやすいです、珊瑚や魚もいっぱいで波も穏やか
ここでも海ガメを見ました。
この辺は泳いでいるとドロップオフまで意識せずに行ってしまいます。
たまに自分の居場所を確認しないと、気がつけばずいぶん遠くへきちゃったなと言うこともありえます。

私は個人的に深いところにいる魚を見るのが好きなので、ドロップオフあたりまで見に行ってしまいます、でも怖いから外洋には出ません。

魚は海中を泳ぐと言うより、海中を飛ぶとか浮いていると言う表現のほうがしっくり来る気がするのは私だけ?

モルディブ 実は、死にかけました 1-アンガガ旅行記

2007.01
実はモルディブ・アンガガで死にかけました(゜ー゜;A
と言うのも、何故か突然フィンが脱げてしまったんです・・・

このスノーケリングポイントのちょうどドロップオフになってるところを泳いでたんです。
すると突然片方の足のフィンが脱げてしまい、「沈むと回収不能になる」と言う気持ちから急いで取ろうと思ったら
今度はもう片方の足のフィンも脱げて両足とも素足状態に!!
これは非常にマズイっ

焦ってしまい呼吸が乱れてスノーケル内に水が入ってもスノーケルクリアできない状態。
何とか海面に顔を出そうにも、体が縦になって浮力を維持できない!!
その間にドンドン沈んでいく2つのフィン!!

意識的に冷静さを取り戻し、何とか片方のフィンは回収したものの
もう片方はドンドン海底に沈んでいきます。
でもこの状態で追っかけたら、せっかく取ったフィンまで失ってしまう思い諦めました。

最後は沈み海底に静かに着地したフィンを眺めてましたq(T▽Tq)(pT▽T)p
0701110190.jpg

モルディブ 実は、死にかけました 2-アンガガ旅行記

2007.01
しかし、苦労はまだ続いてます。

片足だけフィンをつけても泳ぎづらいし、何より進まない。
それでも無いよりまし・・・。

必死で泳ぐにも体力が底をつきそう、ココでは足はつかなそう。
一緒にスノーケリングをしてた嫁を探しても見当たらない。
やっと見つけた嫁は・・・陸に上がってるぅぅぅ!!

マズイ、ヤバイ

この時この言葉しか頭になかったです。
残りの力を振り絞って出した声
「たすけて~」
こんな言葉言ったの人生で初めてです(゜ー゜;A

嫁「・・・・・」
反応が無い

もう一度叫ぶ
・・・反応が無い

何度も叫ぶ
・・・やっと来てくれた

嫁に担がれ少し浅いところまで来て一安心しました。
そして一言
「何やってんの?」

IMG_0204.jpg

モルディブ 実は、死にかけました 3-アンガガ旅行記

2007.01
実はこの後、もう一度溺れます。

ある程度のところまできたので「もう大丈夫」と言って自分で泳ぎ始めます。
しかし依然片足フィンだと泳ぎ辛く、フィンなしだと全然前に進みません。

そこで、急遽あみ出した新技を使って泳いでました。
体を縮め両手にフィンを持って伸ばし、フィンを体の正面に振りかぶるようにしておろし、同時に体も伸ばし推進力を得る。
と言う技です。

どうもそれがおかしかったのかイキナリ爆笑する嫁
マスクをしてスノーケルを咥えながら爆笑する嫁の顔がおかしくて俺も爆笑。

するとマスクの間に隙間が出来て水が入るし、海水飲んで呼吸できないし
笑いをこらえようとしたら余計におかしいし・・・
とりあえず立ってどうにかしようと思ったら予想してたより海が深くて
・・・溺れました。

IMG_0203.jpg

モルディブ ビーチでのスノーケリング-アンガガ旅行記

2007.01
ビーチはわりと立てる位の水深の場所が多く、それなりに楽しめました。
エイとか小魚とか色々。
でもやっぱり、サンゴのあるリーフエッジ付近まで行くのが魚を見るなら楽しいかな。

それより、ビーチでは水遊びとかしてた方が楽しかったです。
水上コテージから見て左側、橋から5メートル位の所は水深がいきなり2メートルくらいあったので
ビーチからと回転しながら飛び込んだりして遊んでました。

外国のゲストは変なアジア人だなと、思ったことでしょう。

IMG_0314.jpg

モルディブ アンガガ内にある施設-アンガガ旅行記

2007.01
モルディブ・アンガガにある施設をご紹介。
きれいな海を見ているだけで満足なんだけど、たまには海以外で何かしたいというとき
卓球をしたり、図書館で本を読んだり、バードウォッチングをしたりと色々あります。

それでは次ページへ進んでみてくださいo(*^▽^*)o

モルディブ 卓球-アンガガ旅行記

2007.01
アンガガで卓球が少し上手くなりました(^^;;
IMG_0214.jpg


アンガガには一台しか卓球台がありません、しかも結構人気あります
ディナーが終わった後に、必ず卓球をしているヨーロピアンのカップルがいました。

卓球は空いてるときを見計らってプレイするのですが、これが結構楽しい
普段日本で卓球なんてする事ないからハマリます
しかもちょうど私等がいるときに新台入れ替えで、新品の台でプレイできました。

スピンをかけたり、スマッシュ打ったりと盛り上がって大きな声も出ますが
夜中でもない限り気にする人もいないと思います。
卓球台の奥のほうにダーツもあるんですが、これは出来なかったです(。>0<。)

モルディブ 図書館-アンガガ旅行記

2007.01
アンガガには図書館もあります、といっても街にあるような図書館ではないですけどね。
写真の一番手前の入り口がそうです、本が見えます。その奥がお土産屋さんです。
IMG_0068.jpg


図書館にはテレビもイスもあったけど、ここで本を読んでいる人はいなかったです。
本を部屋まで持って行ってる人もいるみたいでした(本を返しに来てた)

ココにある本はきっとゲストが置いてった物なんだろうな・・・
ヨーロッパの雑誌とか日本のマンガとかありました。
色々物色してると面白かったです。
例えば雑誌・・・ドイツかどっかの女性向け雑誌だと思うけど
内容はダイエットとか美容とか・・・どこの国も女性は変わりませんね(^-^;

モルディブ アンガガのスパ-アンガガ旅行記

2007.01
アンガガにはココナッツスパと言うスバがあります。
残念ながら私たちは利用しませんでしたので、中の様子はわかりません・・・。

ココナッツスパのコースや値段はフロントレセプションに置いてあるブックで見れますが、言語が英語とかドイツ語と外国語のみ。
まぁ分からないことはないので心配なさらずにo(*^▽^*)o

アーユルヴェーダとかなんだとか色々コースがあったけど
値段はそんなに高くなかった気がします(60ドル前後だったハズ)
不安ならガイドブックとかで確認してみてください(゜ー゜;A

あと、なにやらスパの前に色々なオイルが置いてあって
匂いをかぐととてもいい香りがしてました。
ココナッツスパ

モルディブ 食べ物、飲み物-アンガガ旅行記

2007.01
モルディブ・アンガガでの食べ物や飲み物はレストランコーヒーショップバーで調達可能、でもレストランは時間が決まってるので注意。
どうしてもお菓子が食べたいならお土産屋さんにGO!!
ちょっとした菓子も置いてますъ( ゜ー^)

アンガガ・サンダウンバーの記事はコチラですo(*^▽^*)o

コーヒーショップの記事はココ

そしてレストランの記事(ディナー)

モルディブ アンガガを裸足で歩く-アンガガ旅行記

2007.01
私個人の感想からいうと裸足NGです。

と言うもの、アンガガでは水上コテージにいたので、ビーチに行くためには橋をかなり距離を歩かなくてはいけないんです。
水上コテージ側のビーチは風が穏やかなので、ビーチに近づくほど橋の木の板がホットホット

このあたりまで来ると、砂落としの甕(カメ)の水が急激に減りだし
気づけば空になってることもザラ
水で足を冷やすことも出来ないので、最後は走り出し海へザブーン(゜ー゜;A

あとは、ビーチの砂はフカフカで最高に気持ちいいんですけど
島内の通路は地面が硬く、木の根が出ているところもあったのでサンダルを履いて歩いてました。
でもアンガガに来てから帰るまで一度もズボンと靴下ははかなかったなぁ…c(゜^ ゜ )
アンガガ

モルディブ モルディブ・アンガガのお気に入り写真-アンガガ旅行記

2007.01
モルディブ・アンガガで撮ってきたお写真を少し整理しました。

モルディブ・アンガガの昼間の水上コテージ
モルディブ・アンガガ水上コテージ



水上コテージの橋の端からビーチを入れて
IMG_0221.jpg



モルディブ・アンガガ画像 ある日の夕日
モルディブ・アンガガ水上コテージ



モルディブ・アンガガ画像 朝日を浴びて




この日の夕日があまりにもきれいだったから
モルディブ・アンガガ水上コテージ



モルディブ・アンガガビーチから見た水上コテージ
夕日



キレイに晴れたモルディブ最終日、桟橋を撮る
桟橋



モルディブ・アンガガ画像 コテージ脇のビーチから
IMG_0269.jpg



アンガガ画像、ある日の空・・・この後大雨
空



モルディブ・アンガガ夕方の空
空



モルディブ・アンガガ画像 紅く色づく西の空
空



ヤドカリの足跡
ヤドカリ



足跡の持ち主
ヤドカリ



アンガガ画像 漂流してきた何かの実
なんかの実



南国の象徴、椰子の木
椰子の木



アンガガ画像 一厘の花びら
花びら



モルディブ・アンガガ画像 夜の灯
夜の灯



モルディブ・アンガガ画像 凛と咲く花
花



ココナッツスパの入り口にあるデコレーション
花



ランチの珍客
アンガガの鳥



水上飛行機から見えるモルディブのアトール
環礁



独り占めしたい
環礁

モルディブ アンガガのお土産屋さん-アンガガ旅行記

2007.01
アンガガのお土産屋さんは、図書館の隣にあります。
売ってる物はリゾートで使うちょっとした生活用品、お菓子
おみやげ物は、置物やTシャツ、パレオや紅茶、本、アルバムなど色々でしたo(*^▽^*)o

本はモルディブをテーマにしたもので、フランス語やイタリア語といった日本では普段あまり目にしない言葉のものもありました。
値段は35ドルだった気がする・・・。

モルディブ モルディブのお土産(アンガガ)-アンガガ旅行記

2007.01
私たちが買ったのはアルバムと置物と紅茶です。
値段も手ごろで、紅茶が2.5ドル、アルバムが16ドルくらい。
定番のモルディブ土産と言った感じです(^-^;

ただ紅茶は入れ物が一辺6センチの正方形なので
紅茶一個だけと言うお土産は寂しいかも・・・・。

アルバムは天然素材で作ったような感じで南国テイスト満載!!
種類も大きさも豊富でカメの飾りや椰子、サメなど選ぶときに迷うこと必至。

あとは置物なんかもいいですよ。
買うときはきっと邪魔になるんだろうなぁなんて思ってたけど
帰ってくるといい思い出になります。

アルバムです。写真を入れるところが大きいので、ちょっとした拍子に写真が落ちてしまいます(^^;;
0701110186.jpg

やさしいガメラみたいですが、木彫りの海ガメのオブジェ。
もって帰ってくるとき、破壊しないように気を使いました。
0701110188.jpg

モルディブ お土産屋の店員-アンガガ旅行記

2007.01
アンガガのお土産をみて思い出すのが店員さん。
「ジャパニーズスペシャルディスカウントね」と言っていっぱいまけてくれました。

沢山話しかけてきて、これは何だあれは何だといっぱい説明してくれました。
時々日本人ゲストがよく言っていると思われる「タカイね、ヤスイね、カワイイね」と一人で言ってたりして楽しかったですo(*^▽^*)o

最終日に沢山お土産を買ったら、私たちを気に入ってくれたのかプレゼントを頂きました。
0701120222.jpg

モルディブ お土産・マーレ-アンガガ旅行記

2007.01
マーレでお土産を買うとなるとガイドはいた方がいいと思います。
マーレは客引きがすごい!!
露骨「日本人?」と聞いてくる人も・・・。

マーレのお土産屋さんで何か買うときは値引き交渉が必要
これが結構楽しかったりするo(*^▽^*)o
マーレは他の所よりも値段が高めですが、それをどうするかは自分次第
上手く交渉できればそれなり安く買えると思います。

マーレはお土産の種類が豊富なので楽しいですよ。
スイカやメロンの紅茶があったり、魚の骨で作った小物入れがあったりと
他では目にすることが出来ないものも多かったです。

もし次ぎ行くことがあったら像皮のイスが欲しい!!
0701120284.jpg

前ページ | ホームへ | 次ページ
カテゴリー

キレイなアンガガ(Photo)

ブロとも申請フォーム